『なんかまたやる気出てきた』

生徒が口にした言葉です。

『なんかまたやる気出てきた』

入学面談の際に、こちらでお願いしているのは、ここに入学することを”自分で決めること”です。

さまざまな理由がありますが、一番は”物事をやり通したり、続けたりする力”を身に付けてほしいためです。

保護者の方の意向により、塾や習い事を決めてしまうパターンがあります。

すると、いざ苦しくなった時に子どもたちはこう言います。

『だって、お母さんが行けって言うから行ってんのに・・』

こうなってしまっては本末転倒です。

多くの人は、新鮮さがあるうちには頑張れます。

差を分けるのは、もっと先です。

慣れにより新鮮さを失いかけた時、いかにたち振る舞うか?これが大事です。

勉強に限らず、運動も、芸術も、続けなければ本当の力は身に付きません。

”社会的自立”に向けて教育をしていく中で”継続すること”は避けては通れぬものです。

”努力”っていう言葉に置き換えられている場合も多いです。

お子さんが自らの意志で”継続すること”の後押しされていますか?

一緒に頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。